39番札所 延光寺(えんこうじ)

経路:38番 → 39番札所 延光寺(えんこうじ)
距離:約70km


38番札所から39番札所へは複数のルートが考えられます。
27号線の来た道(西側の27号線)を戻って321号線を反時計回りに走るコースを選択。
39番札所(延光寺)自体は落ち着いたお寺で、
目の病気にご利益があるとされる「眼洗い井戸」があります。
これにて高知県の全札所(16ヵ所)を制覇。
来年(2019年)はここからスタートして愛媛県の札所を制覇する予定です。
ここで問題になるのが、ママチャリをどうするか。ということ。
仮に東京までママチャリを持って帰ることにすると、
フェリー乗り場まで戻らなければなりません。
徳島のフェリー乗り場まで戻るとしたら、300km近くの距離を走らなければならず、
数日かかってしまいそう。
そこで思いついたのが、宅急便でママチャリを送るという案。
幸いにも実家が岡山県なので、東京までではなく、
距離的に近い、実家に送ってしまおう。と。
39番札所のベンチで休みながら、ママチャリを送る手配をするため電話。
39番札所近くにあった佐川急便に電話をして対応を検討するも「自転車を箱に入れてください」の一点張り。
そんな箱、この状況で準備できないし。。。
次は、クロネコのヤマト宅急便。
普通の荷物ではないので、「らくらく家財宅急便」というサービスになるようです。
16000円以上程かかりますが、段ボールとか用意しなくても、岡山まで送れることに。
受取業者さんが来られるのが翌日以降ということで、お寺の人に相談し、
一時的に自転車を預かってもらい、配送手配をしてもらうことに。
お寺の皆さん、親切な方々で本当に助かりました。
自転車の保管問題はクリアしたので、心おきなく今年の旅を終えることができます。
自転車に積んでいた荷物を背負い、近くの平田駅まで歩き、高知市内へ電車で戻り、飛行機で東京に戻るのでした。
来年はまた自転車を岡山から送ることになると思います。
現地で新しいママチャリを買ったほうが安く旅ができそうだけど。。。


ジョン万黒潮ロード321号線321号線321号線321号線321号線足摺サニーロード道の駅大月まであと10㎞56号線自転車を倒したミラー割れた39番札所 延光寺(えんこうじ)39番札所 延光寺(えんこうじ)39番札所 延光寺(えんこうじ)39番札所 延光寺(えんこうじ)39番札所 延光寺(えんこうじ)