緊急事態宣言30日目の記録

ひまわり
「記憶」ってのはあてにならないので、「記録」

最近、日記(ブログ)の更新頻度を、少し増やしており、
せめて緊急事態宣言が発令されている期間中は、
このペースを維持できればと思っています。

理由は大きくわけて3つ。

1つ目は、今、これまでにない世界的な危機の真っただ中におり、
パンデミックだとか、ロックダウンだとか、緊急事態宣言だとか。
映画の中だけの言葉かと思っていたものが現実に起こっている瞬間だから。
その時、その時に何を感じて、何をしていたのか。どんなことが起こっていたのか。
ちょっとした記録でもいいから残して、
老後(70歳くらい)にでも読み返そうかな。って思ったこと。

 

2つ目は、子供の成長スピードが目まぐるしく、
あっという間に過ぎ去ってしまうから。
「記憶」ってのはあてにならないので、「記録」がいい。
感情や出来事。
時間が経つと恐ろしいくらい忘れてる。
特に自分の場合、物忘れが酷い(上書き保存が得意)みたいなので。。

 

3つ目は、なんだかんだいって、ストレス。
自粛自粛であまり動きが取れない日々が続くと、どこかで発散したくなる。
それに正直、日々の生活の中で刺激や発見が明らかに少なくなっている。
なので、ネタを探すきっかけ。理由付けが欲しく、
それを書くことでストレス発散に繋げようかと。
書くことで、気持ちの整理をして、色んな感情と折り合いをつけてるのだと思う。
多分。無意識で。

明るい話題やネタを探すよう意識的に目を向けてれば、気持ちも明るくなるしね!

5月末まではなるべく多く、些細な日常を記録していこうと思います。