24番札所 最御崎寺(ほつみさきじ)

経路:東京 → 23番札所(1泊) → 24番札所 最御崎寺(ほつみさきじ)
距離:約77km(23番から24番までの距離)


東京から四国へ向かうフェリーは、オーシャン東九フェリーを活用。
約18時間の船旅を経て、徳島港から昨年のゴールであり、
今年のスタート地点となる、23番札所を目指して走ります。
昨年、往復した道なので景色も見慣れたものです。
23番札所の宿坊で一泊し、翌日から24番札所へ向かい走ることに。
お遍路最長かと思いきや、第2位の距離がこの23番から24番の道。
(第1位は、高知県の「37番・岩本寺」から、足摺岬にある「38番・金剛福寺」の約95㎞)
高知県はとにかく札所間の距離が長いところが多いのが特徴。
24番札所(最御崎寺)は、空海が修行したとされる御厨人窟(みくらどう)という洞窟がある室戸岬(四国2大岬の一つ)の高台にあります。
昔は女人禁制で、女性が近づくと、火の雨が降るという伝説も残っているそうです。
室戸岬含め、太平洋を望みながら気持ちよく走りたかったのですが、
悪天候により、24番札所までは寒くて大変だった印象しか残っていません。
また、距離が長いだけではなく残り2㎞程で室戸スカイラインという道路勾配10%が待ってます。
天気も悪いし、坂道を登った先では、また長い階段が待っているし。
大変でした。


フェリーフェリー55号線55号線23番札所宿坊23番札所宿坊55号線55号線夫婦岩室戸岬24番札所 最御崎寺(ほつみさきじ)24番札所 最御崎寺(ほつみさきじ)24番札所 最御崎寺(ほつみさきじ)24番札所 最御崎寺(ほつみさきじ)24番札所 最御崎寺(ほつみさきじ)24番札所 最御崎寺(ほつみさきじ)