(書籍)引っぱらないリーダーが、強いチームをつくる。

引っぱらないリーダーが、強いチームをつくる。
先日、奥さんから「表紙が、隊長ぽくない本が届いてるよー」と連絡があり、家に帰ってみると、地球探検隊の中村隊長から本が届いていました。

もう存在すら忘れかけていた、1年近く前の出版するにあたってのクラウドファンディングのお礼。

1年経って、ようやく、無事、出版。
これは、よかった!
けれど、一方で、この1年で、会社を倒産させてしまった中村隊長。
本当に大変だったと思う。
全て投げ出してしまいたい状況だったと思う。
そんな1年があったからこその内容を期待して、昨晩、一気に読みましたが、思っていた内容とは、ちょっと違いました。

リーダーと言っても、場面場面によってリーダーの種類は大きく異なります。
スポーツ、旅、経営、上司、仲間内、など、リーダーといっても色々。

今回の書籍では、
・地球探検隊の中村隊長としての、横並びのリーダーという考え方。
・三浦花子さんの後方支援型のリーダーという考え方。
どちらの考え方、スタイルも参考になることが書かれています。
ただ、各々のリーダーの立場や状況に合わせて、使える考え方は参考にする。といった感じかな。
あと、隊長の本、というよりかは、共著とはいえ、なんとなく中山マコトさんの本といった印象が強い。

自分は今回、経営者としての中村隊長のこれまでの経験談、失敗談、成功話など、会社を終わらせたリーダー(経営者)だからこそ語れる内容を期待していました。
表紙には、「俺について来い!振り返ったら誰もいなかった。。。」
って書いてあったので、てっきり。
なので、経営者としての「リーダー」について、読みたかったなぁ。というのが正直な感想。

地球探検隊の隊長としてのリーダーと、
エクスプローラという会社の経営者としてのリーダーの違い。

今回は片方(隊長という立場)の側面のみだったので、
もし次回があるのであれば、隊長と経営者、どちらも同じようなリーダーとしての振る舞いだったのか。
もしくは、違ったのか。
リーダーとして、何が良くて、何がダメだったのか。など。
その辺のぶっちゃけた内容を期待しちゃいます。

というわけで、「引っぱらないリーダーが、強いチームをつくる。」という本は、本日、5月22日が発売日だそうです。
そうえいば、8年前の今日(5月22日)は、結婚パーティーでした。隊長に挨拶してもらったね。

隊長との旅(地球探検隊)が無かったら奥さんとも出会えていなかったわけで、感謝しているし、そんな旅仲間が沢山いることも事実。そういった面では、すごいリーダーだと思います。

おまけに、倒産、出版に続き、再婚。
今度、子供もできるとかって。。
短期間にどんだけのネタを提供してるんだろう。。
すごい人生だ。
リーダー論より、この数年の出来事を本にした方が面白いと思うよ。。
とにもかくにも、隊長、献本ありがとうございました!