山を越え八戸へ。まさかのトラックともちゃん。

トラックの助手席
今日は大湯温泉から八戸まで走りました。山道で文明を感じる箇所も少なく、こんなところでパンクでもしたら最悪だろうな。なんて思っていたら、旅の同行者、ともちゃんがトラックの助手席に乗って後ろからやってきました。
まさかの、出発一時間もしない間のパンク。
クマ出没注意という看板の中、パンクしたらしく、生命の危機を感じて、たまたま通りかかったトラックをヒッチハイクしたようです。
そのままともちゃんは八戸まで行くことになり、自分一人、孤独なランナーとなりました。
約6時間遅れでともちゃんと合流でき、二人で八戸フェリー乗り場へとむかい、これから苫小牧を目指して出航です。
いよいよ北海道に上陸!猛暑じゃないことを祈ります。。
今日のヨメからの一言。
今日のヨメからの一言
iPhoneからの投稿