リーマンショックを超える?

2008年9月にアメリカの証券会社、リーマンブラザーズが倒産したことから始まったリーマンショック。とある解説では、100年後の歴史の教科書にも載っているであろう大不況を引き起こした出来事。と説明されていました。

ちょうどその頃の自分は、会社を立ち上げてはいたものの、個人事業みたいな状況で、お世話になっていた会社で社員の頃と変わらず仕事を続けていました。

会社を立ち上げたものの、独り立ちしていなかったわけです。

これでは起業した意味もやりがいもないので、2008年11月末で、お世話になっていた会社を完全に卒業しすることになりました。

2008年12月1日に書いていたブログ↓
http://ameblo.jp/0903blog/entry-10195379720.html

リーマンショックが起きた真っ只中でしたが、当時は、なんだか大変そうなことになるのかなぁ。。と漠然とした気持ちだけで、その影響がどんなものかよくわかっていませんでした。

2009年1月からは社員を何人か採用したのですが、急激な景気の悪化により予定していた仕事はどんどん打ち切られ、雇用継続も難しい状況でした。
いきなり出鼻をくじかれ、積み立てていたお金とか色々を崩して、その場をしのぐ状況で、数人の社員の仕事、支払い給与を確保するのに必死。

少ない仕事でなんとかやりくりしつつ、現状打破のため、営業先で色々な話を聞いてみるも、みんな、仕事が無い。赤字。社員を減らす。という辛い話ばかり。

あの頃を思い出すと、ゾッとするのです。

先日、国民投票で、イギリスがEUを抜けるという結果になりました。

リーマンショックを超えるかもしれない。と脅しのような経済誌やコメンテーターの声をきいて、ゾワゾワしてしまいます。

過去の経験が、ちょっとしたトラウマを残していたのかな。