はなきんデーターランド


先週の金曜日。まぁまぁ夜遅くに会社を出ました。
社内にはまだ2人残っていましたが、お先にしつれ~い。と。
で、月曜日、朝、出勤したら、会社に置いていたドラが積みあがっていました。

え?誰がやったの?いつ?

聞いたら、社員の女の子がやったそうです。

ちゃんとお箸を使って(自慢げに主張)
ミニドラも立たせています!(ここも強く主張(笑))

上手に良くできたねーという感想と同時に、金曜の夜遅く、花金に何をやっているんだ。という心の声が。

さて、さらっと、ここで登場した、花金というフレーズ。

花金について、ご説明しよう。

花金(はなきん)とは、(花の金曜日の略)
バブル崩壊後、使わなくなった死語だそうで、自分も使っていない。

そもそも、この言葉が流行った?であろう、当時まだ少年だった自分には、花金の意味がさっぱりわかっていませんでした。

大人になって、花金という言葉を使っている同級生を見て、初めて知りましたし、花の金曜日という意味なのだということを知ったときは、衝撃でした。

昔、放送していた「はなきんデーターランド」というテレビ番組は、だから金曜の夜に放送していたのか!!と。

まぁそんなことはいいとして、いまの10代、20代にとっては、逆に、花金という言葉が新鮮だそうですが、本当なのだろうか。。

ちょいちょい、花金という言葉を使って、社員の様子を観察してみるです。はい。

今日のヨメからの一言。