ハトでしょ


最近、オフィスの換気扇の中から、クルックー 的な音が聞こえてきます。

風が強くて、プロペラが回ってたりするので、風の音だろう。と思っていたのは、どうやら俺だけで、社内のみんなは、ハトでしょ!と。

いやいや、そんな馬鹿な。ハトが居るわけないじゃん!風の音に決まってるだろう!

と強くアピールしていたのですが、ハト説があまりに根強いので、クルックー的な音がしているときに換気扇をパカっとあけてみました。

ハトいました。

ハトもそんなところが開くなんて思ってもいなかったでしょうから、驚いたんでしょう。

鳩が豆鉄砲を食ったよう。ということわざの通りのリアクション。
むしろ俺の方が豆鉄砲を食った。

ハトが苦手なので、羽をバタバタさせて驚いていたハトに恐怖を感じました。
雨、風をしのぐにはちょうどいい場所なのかもしれませんが。。。

都会の換気扇の中は無限の可能性があるのだと思い知りました。
そして、ますますハトに対して苦手意識がつきました。

クルックー

今日の換気扇。