社名に数字をつけるのはよくない?

社名に数字が入ると、短命で終わるそうです。
インターネットで調べてみると、

社名に数字をつけるのはよくない!
数字が入っている会社名を検討している方は再検討した方がいい!

とまで断言しているホームページなどもありました。
有名企業で数字が入っている会社はないから。という理由もあげていました。

有名企業というのは、おそらく誰もが知っているような大企業、
経団連とかに名前を連ねるような会社かと思いますが、
そういう歴史や規模のある会社は、
社名に数字が入れれなかった時代からの会社なので、
そりゃ数字はないだろう。という感想です。

そもそも、会社の名前に数字を入れることが可能になったのは、
平成14年の商業登記規則等の改正時からです。

その事実を知らない人も多くいますので、
特に年配の方などは、数字の会社はありえない!
と、決め込んでいる方も多くいます。

ただ、短命に終わる可能性が高い側面もあるのかもしれません。

それは、事業計画や戦略、営業力、部下育成、財務会計など、
起業後に必要なことは会社の名前の物珍しさよりも実務、仕組み作りです。
面白い社名、変わった名前というだけでなんとかなる世界じゃない。
にも関わらず、実力や戦略の足りない部分を、
名前やブランディングという武器だけで、
注目を浴びようと、もがいている人の割合が多い(かもしれない)という意味では、
意表をつくような会社は消えるのが早いのかもしれません。
つまり、名前負けしちゃってるパターン。

それに、社名を数字にしようと思う時点で、
おそらく変な人です。
独自の世界観や価値観をもっている変な人は、
良いか、悪いか、一般社会とはズレていたり、
発想が突拍子もなかったりするので、
短命に終わる確率が高いのかもしれません。

と、分析してみました。

が、
そもそも「社名に数字をつけるのはよくない」ということ自体、
なんの根拠も無く、証明となるデータもあるわけじゃないので、
あくまで、誰かが言い出した、都市伝説的な話。

言い出しっぺは、数字に何か恨みや妬みがあるのかな。

根拠が無いので、社名に数字をつけるのはよくない。
なんてことは、信じなくていいと思います。

社名に数字をつけるのは、むしろ世界共通で通じるし、
これからのグローバルな時代、とてもいいと思う。

もし、思いや気持ちを込めて、社名に数字を使おうと思っていたのに、
都市伝説に惑わされて、躊躇してしまうような人が、
万が一、一人でもいるようなら、この記事に引っかかって、
自信を持って、堂々と数字を使ってもらえたらな。と思うわけです。

数字が入っている会社名を検討している方は再検討しなくていいです!

今日のヨメからの一言。