俺も昔はヒッチハイクを。


先日、大通りでヒッチハイクをしている若者らしき人を見かけました。

元、ヒッチハイカーの俺としては気になって仕方なかったです。

しばらく様子を見てましたが、苦戦してました。

声をかけたくて仕方なかったのですが、
口うるさいオヤジになりそうだったので、やめておきました。

表情はこうした方がいいよ!
持ち方はこうした方がいいよ!
看板の書き方はこうした方がいいよ!

ついつい親切心ならぬ余計なお世話をしてしまいそうでしたので。
後姿の写真だけを撮って、無事を祈っておきました。
それに、もしこのヒッチハイカーが学生ではなく、社会人や大人だったら、
説教してしまう可能性があるので。。。

自分も大学生の頃、日本中、ヒッチハイクで移動していました。
沢山の見知らぬ人たちに、いろんな所に連れていってもらい、
ご飯をおごってもらったり、大変お世話になりました。

時には、ヤンキーに運転させられたり、
車内で何時間も宗教の勧誘をされたり、
トラックの改造を一緒に手伝わされたり、
サービスエリアのベンチで冬の寒空、一晩過ごしたり。

今思えば、とても懐かしく、キラキラした思い出ばかりです。

ただ、社会人になってからはやらなくなりました。

大学生の頃はまだ許される。
人に甘えること。

ただ、社会人になってまで人の善意に甘えてしまうのは少し違う。と。
自力で道を進める人に。自力で前に進める人に。
という意識に変わり、ヒッチハイクは卒業しました。
代わりに、ママチャリという自力スタイルに変わりましたが。。。

今度は、ヒッチハイクしている若者を乗せて、
俺が楽しませてあげる立場にならなければ。

という感じです。

「俺も昔はヒッチハイクをしていた頃があったんだよ。」

と、乗せてくれた人に言われたことがありましたが、
今度は、俺がその言葉を使う番なのです。

とはいえ、なかなか車を運転する機会も少ないですし、
ヒッチハイクしている人をみつけるのも困難です。

「俺も昔はヒッチハイクをしていたんだよ。」

と、言える日は、いつの日になることやら。


あぁ。。よく見ると、看板の文字。
「西」って。。。んーー。。

ツッコミを入れたくて仕方がない。

ムズムズ。。。

今日のヨメからの一言。