骨に対するここ連日の緊張感。


もういくつ寝るとチャリ旅です。

ここ連日、気をつけていることは、体調管理。
日頃からなかなか風邪は引かないので、あまり心配はしていないけど、油断禁物なので、普段以上に気をつけてます。
ただ、不覚にも、昨年は、旅の一週間くらい前から喉の痛みにやられて、薬を飲んでも漢方を飲んでも、抗生物質を飲んでも全く良くならず、喉が痛いまま、旅をスタートさせました。
熱や鼻水とかがあるわけではなく、喉が痛い。変な咳が出る。そんな症状が続いていました。

で、走り出して3日後。

宗谷岬到着直前に泊まった稚内市の宿で、一泊したときのこと。

朝起きて、痰が出る出るような咳が一回出ました。

サンマの骨も出てきました。

喉の痛みは取れて、咳も止まりました。

まさかの、原因、こいつ。

ボーン(骨)

薬飲んでも治らないわけです。
一週間以上、俺の喉にひっかかっていたのか?と信じられないことなのですが、こいつしか考えられない。

そんな切ない思い出があるので、今年は、旅の前の食事において、サンマや骨のある魚類にはかなり気をつけてます。

ヨメにも一ヶ月前からちょくちょく、骨に対する昨年のトラウマをコンコンと語りつくしました。

なのに、ちょいちょい魚を出してくる強気なヨメ。
今の時期は怖えーよ!
とツッコミつつ、食べる日々。

いやまぁ、おいしいんだけど、昨年の喉の痛みが本当にトラウマだったので、魚を出されると、ついブツブツ言ってしまう。小骨に対して、こいつが!!と、いちいちうるさい俺。

ヨメにとっては、本当に骨の折れる俺。

今日のヨメからの一言。