中株(なかかぶ)


色々と不思議がられて、色々と聞かれることが多い昨今。
ママチャリで日本一周のことや、未経験者ばかり採用する事業概要のこと、0903株式会社と0903株式会社Pの二社体制のことなど。
中でも多いのが、

「ぴー?0903株式会社Pの P ってなんやねん。」

という質問。というかツッコミ。
会社の名前として、ついているわけない位置にPがついていることで、とても疑問を感じる人が多いようです。そもそも数字の会社というだけで珍しがられるのに。

前に株式会社がついているのが、前株(まえかぶ)
後ろに株式会社がついているのが、後株(あとかぶ)
で、前後に言葉をはさんでついているのが、中株(なかかぶ)

この、中株を取り入れている会社をほとんど見ないので、不思議を感じるようです。が、きちんと認められているんです。中株。

認知度はかなり低いです。
そして、中株を取り入れる決断には結構な勇気がいります。

前例がほとんどなく、本当にできるのか?という疑念もありますし、企業として遊び心を入れ過ぎじゃないのか?という葛藤もあります。「世間」とか「常識」などと言われる概念にブワァァァァァと襲われるわけです。こんな俺でも。

結局、一番大切なのは、込めた思いや気持ち。
中株にまでしてPをつけた思い。意志。希望。目指していきたい姿。
そのへんは長くなるのでまた後日にでも。

中株が可能なんだ。
決して、P がついているのは、間違いじゃないんだ。

ということだけ知ってもらえたら、これ幸い。

今日のヨメからの一言。