熊田雪男


先日の東京の大雪。
テッドみたいになった。熊田雪男さん。


↑人型を作る。
など。色々とチャレンジ。

マンションから借りた雪かき道具で周辺の道路を歩きやすくするべく、雪かきもしました。

誰もみてないし、褒めてくれるわけじゃないけど、
「俺が道を切り開いている。人のために陰ながら道を作っている。」
という、使命感と達成感に高揚しました。

が、普段全く使わない筋肉を使ったせいか、腰が痛い。猛烈に痛い。
雪国の人たちって本当に大変なんだと、痛感させられました。

おまけに、本日。
車道にトラップのごとく仕掛けられた氷の塊で、バイクであわやスリップ転倒しかけ、マリオカートのバナナにひっかかるマリオ達のごとく、運転が右往左往。

「こけなかった俺、天才。」

と、帰宅して自慢げに嫁に話したら、怒られた。

目に見えない力(誰か)に助けてもらったんだよ!

と、この、お調子者を戒めてくれました。

すいません。
調子にのりません。
気を付けます。

今日のヨメからの一言。