照れ隠しの思春期の男の子


先月、赤坂のプロジェクトに関わってくれている女性社員が、業務後、青山の事務所に立ち寄って、バレンタインのチョコの代わりにディズニーランドのお土産を持ってきてくれました。
そのときに、
「ホワイトデーにお返しをもらいに来ますから~。」
と言っていたので、それを信じて待っていました。

が、来ない。
待てど暮らせど。来ない。

そりゃぁ、確かに、冗談で、

「3月14日の夜に限って忙しくなる予感がする!」

なんて、言いましたけど。
どう考えても、フリでしょう。
フリというか、照れ隠しの思春期の男の子の発言でしょう。

「3月14日の夜、待ってるからもらいに来てねー」

という心の声。
てっきり伝わってるものだと思っていたのですが、伝わってなかった。
女心がわかってません。俺。

ま、勝手にくるものだと思い込んでいただけなんですが。
ま、お返しで喜んでくれる姿を妄想していただけなんですが。
ま、お返しこれかい!とツッコミもらうのを期待していただけなんですが。

本命の予定があったのなら、それはそれでとても喜ばしいので、そうであることを願いたい。
でも、そんなこと聞いたらセクハラと訴える人もいるようです。
現代社会、発言には気をつけよ。

ストレス社会に負けないぞ。

ちーん。

今日のヨメからの一言。