清水寺・京都水族館・伏見稲荷

先日、友人の結婚式に参加するため、大阪へと向いました。日帰りするのも勿体無いので、結婚式終了後に奥さんと合流し、入籍一周年記念旅行として、京都観光をしてきました。昨年も入籍後に京都に行く用事があったので、2年連続の夫婦京都観光になりました。

結婚式終了が夕方頃でしたので、式終了後、夜の特別拝観が行われている清水寺に向かい、ライトアップされた幻想的な景色を眺めてきました。

UFOでもやってきたかのような幻想的な景色に感動☆

翌日、ミーハーな自分は、どうしても出来たばかりの京都水族館に行ってみたく、子供みたいなわがままを言って、

「京都に来てまでなぜに水族館?」

という、あまり納得のいっていない奥さんを連れまわしてしまいました。
が、思いのほか奥さんもテンションアップして、十分楽しめました。
出来てまだ5日目ということもあり、お客さんも多かったですが、そこまでストレスを感じない程でしたし、施設もとてもきれいで楽しかったです。


大サンショウウオの匂い。というコーナー。
凄く興味あったのに、残念ながら準備中でした。


こいつ、可愛かったなぁ。。表情がなんともいえない。




写真撮影OKですが、フラッシュはNGなので気をつけましょう。係員の方もまだ注意が徹底できていないようで、知らずにフラッシュたいて周りから反感をかっているお客さんもいました。

くらげの赤ちゃんはとても幻想的でした。

お土産には是非このオオサンショウウオを!
(我が家は買いませんでしたけど)
水族館で癒された後、奥さんが30分程の山登りだから!といって、連れてきてくれました。

昨年、お稲荷さん御鎮座1300年を迎えた伏見稲荷大社!
自分は全くの無知だったので、ここがどういうところなのかも知りませんでしたが、千本鳥居というテレビや写真で見たことがある場所でした。

実際、千本どころではなく5000基以上あるとも言われているそうです。
このような鳥居の続く道をひたすら登っていくのですが、頂上まで登って一周するのに約2時間位かかるそうで、実際にそれくらいかかってしまいました。
どこが30分なんだ。。。とブツブツ言いながら登りました。日頃の運動不足もあり、過酷でした。。。ある方がツイッターでメッセージをくれたのですが、
「進むも地獄、戻るも地獄」という言葉に妙に納得です。。

ヘトヘトになりながら、ブツブツ言いながらも登りきり、達成感を味わえ、楽しむことができました。おそらく1年分のブツブツを伏見稲荷で吐いてきたので、これで今年一年も夫婦仲良く過ごせると思います。