社長インタビューを通して感じたこと

名乗るほどの者ではないママチャリです。こんにちは。

昨年まで取り組んでいた100人社長インタビューですが、現在はストップしています。
(インタビュー一覧は>>こちらにまとめています)

今は力を入れるべきところが別のポイントなので、200人、300人とインタビューを継続することは困難なのですが、よかったな。と思うことは沢山あるので、また1年後くらいには違ったテーマでインタビューを再開できたらいいな。と、思っています。

100人社長インタビューを通して感じたことをまとめてみました。

よかったな。と思う事
●人に会う口実が作りやすくなる
●名刺交換をした先のアクションに繋がりやすくなる
●社長。という肩書きを見ても動じなくなる
●人見知りや消極的な行動を打ち消して、前に出やすくなれる
●ブログのアクセスが増える
●人を紹介してもらえやすくなる
●知らない業界、世界、ビジネスが垣間見れる
●出回っていないコアな情報を手に入れやすくなる
●質問力が鍛えられる
●出版しましょうよ。と提案される
●ゲストとして勉強会や交流会に無料で参加させてもらえることがたまにある
●テープ起こし、文章編集が鍛えられる
●巻き込む人(同行サポーター)が増え、友人が増える
●お手本となる行動や考え方、価値観、言葉のストックが増える
●意欲的な人、熱い人、素敵な人が集まり、いい仲間に恵まれだす
●地味に地道にコツコツと取り組むことの大切さを学べる
●経営者の系統、ビジネスグループ、所属関係、師弟関係的な相関図が見えてくる
●アドバイスや助言を聞きに来てくれる人が増える
●参考にした。という方からの報告で、一歩を踏み出すきっかけになれた喜びを感じれる
●自分が現在(いま)取り組まなければいけないことがはっきりしてくる
●自分に自信がつく

大変だな。と思う事
●記事の作成に時間が取られすぎて、他に何も手がつけれなくなる
●情報が多くなりすぎて、やりたいことが増えすぎて困る
●俺もインタビューしてくれ。と頼まれても困る(基本的に紹介で繋いでいるので)

よかったな。って思う事、いっぱいです。
29歳の当時の自分は、30歳を目前に、経営者としても、一人の男としても、本当にモヤモヤして、模索していました。
今、こうして、沢山のよかったことを振り返れるってことは、取り組んでみてよかったんだと思えます。