自分軸の作り方@専修大学にて。

まいど!ママチャリで日本一周している経営者です。

昨日は社長インタビュー62番目でも協力していただいた東さんのお声がけで、専修大学の授業で少しお話をさせていただきました。

ワークショップin Senshu第七回「自分軸の作り方」というテーマでの授業で、学生に混じり色々と意見を聞いたり話したりという有意義な時間を過ごすことができました。

途中でなんでも好きなことを話してください的なフリでマイクを渡され(笑)
「感謝」という言葉について、自分の体験、経験、学生時代に行った事等を踏まえながら話をさせて頂きました。
というのも授業の最初に、東講師の方から、価値観の中で、自分がもっとも大切だ!と思った言葉を選んでください。という課題が与えられるんです。
画面には100個近い単語が書かれており、その中から選びます。
自由、感動、思いやり、お金、楽しい、仲間、友人、家族、愛、夢、貢献、権力、変化、成長、伝統、成功、専門性、純粋、、、などなど
どれも大切と思える言葉の中から一つを選ぶ。
悩んだあげく、自分は「感謝」という言葉を選んだので、それを選んだ動機と原体験(学生の頃にしていたヒッチハイクの話なども交えながら)をお話させてもらったというわけです。

どれが正解というわけではないですが、選ぶ言葉は、その人の原体験によるものが大きいです。

今、お金が200円しかないという学生は、「お金」という言葉を選んでいましたし。

学生みんなが選ぶ言葉がバラバラだというのも興味深いものでした。
個性を尊重してきた教育や社会の影響が顕著に出ているんだと思います。
みんな違って、みんないい!

さまざまな発見や気づきのあった有意義な時間を過ごすことができました。

とにかく学生さんには守りに入らず、色んな経験をして、沢山の痛い目や失敗、小さな成功を積み重ねて、体験体感の中から自分の軸を作ってもらいたいなと思います。