中村文昭さんのビデオ撮影とドリプラ。

昨日、友人のてっちゃんらが関わっている中村文昭さんを中心とした、
「耕せ にっぽん」
のイベントのお手伝いとして、ビデオ、カメラの撮影をしてきました。
耕せ にっぽん
写真の文字は、書道家のてっちゃんがあえて、左手で描いたもの。
すげーなぁー

ママチャリで全国の写真を撮りまわってはいますが、
講演会やセミナー等の撮影は今まであまりないので、
ちょっと緊張しながらも中村文昭さんの軽快なトークを撮影してきました。

耕せ にっぽん

中村文昭さんもよく言っている、

「頼まれ事は試され事」

そして、

「人生、ネタづくり」

耕せ にっぽん

というのは、自分も昔から同じ事を思っていたので、
カメラマンとしてのお手伝いもひとつのネタとして、
楽しくやらせてもらいました。^^

講演会のあとは、打ち上げで、
新鮮な野菜だらけのご飯をたらふく食べてきました。

てっちゃん

色んな機会やチャレンジを提供してくれる、てっちゃんに感謝☆
そんなてっちゃんが第一回東京代表として活躍した、
ドリームプランプレゼンテーションが12月9日(木)~11日(土)の3日間で開催します。

福島正伸さん

農学部の普通の大学3年生だった自分が、経営者になろう!
と、ワクワク気持ちを燃え上がるきっかけになったのが、
福島正伸さんが伝えていた起業家精神(アントレプレナーシップ)という考え方。
そんな尊敬すべき福島さんらが中心となってるステキな夢のプレゼンテーション大会です。

福島正伸さん

そして、公私ともお世話になってる大好きな中村隊長らも審査員。
最近ブログのデザインをがらりと変えてとても旅心くすぐられるデザインに!!
隊長のブログ>>http://ameblo.jp/expl/

他にもママチャリ100人社長インタビューにも協力してくれている方や、
ご縁のある方々も数多く、夢の講師陣として参加されているので、
知らない人は是非、以下を読んでみてください!

———————————–
いよいよ、多くの人々の夢を叶え、人生を変えたあのイベントがはじまります!

夢(ドリーム)プラン・プレゼンテーション2010を、
12月9日(木)~11日(土)の3日間で開催します。
(ドリプラについて)http://drepla.com/
本気で夢に挑戦する人たちと出逢い、語り合える場がここにあります。

今回は、夢に挑戦するプレゼンターや、各界の著名な30人の講師陣、
また全国から集まる志の高い400名の仲間と、とことん夢を語って過ごします。
参加者のだれもが、感動の涙とともに、人生を変える3日間になるでしょう。
(チケット申し込み)http://www.drepla.com/landing/drepla2010_ticket.html
(チケットは、3日間プレミアムチケットと、最終日のみチケットの2種類があります)

私には、どうしてもドリプラを世界中に広げていきたい理由があります。ぜひ、ご覧ください。
http://www.drepla.com/magazine/articles/000131.shtml

「世界中を夢と勇気と笑顔でいっぱいにする」という理想に向けて、
私たちが 踏み出した一歩は多くの方に共感いただきました。
全国の地域、企業や団体、海外では中国(上海・深セン)も含めると、
今年は約30か所でドリプラは開催されています。
(全国のドリプラ開催情報)http://drepla.com/area_business/

なぜ、これ程までにドリプラという文化が急速に広がったのか。
それは、すべてのノウハウが公開されており、地域や業界を元気にしたいという方々なら、
だれでも主催者となることができるからです。
(ノウハウ公開講座は、12月10日会場内で開催されます)
そして、主催者として、手を挙げた瞬間から全国に「ドリプラな仲間たち」ができます。
来年は、1000人の主催者とともに、1000か所での開催を予定しています!

そして今年のドリプラ2010は、
ここへ来ることができない子どもたちに夢の素晴らしさを伝え、
子どもたちの夢を応援します。
・ウガンダの元こども兵の社会復帰を応援するための支援
・全国の小学生5000人へ夢を描く授業
・400人の中高生を会場に招待し、夢を持つことの素晴らしさを体感していただく
そのために、一部の資金を活用させていただきます。
http://drepla.com/landing/drepla2010_ticket.html#prmn

「世界を夢と勇気と笑顔でいっぱいにする」という思いでスタートしたドリプラも、
今年で4回目を迎えます。
いつも皆様の温かいご支援に、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に、ありがとうございます。

皆さんとお会いできることを楽しみにしております!

福島正伸
———————————–