キラリと光って

毎週、月曜日の朝は8時半に小田急相模原のカフェに集合。
エコレグループの木下社長と打合せ。
そこで今後の課題や企画、提案などを出し合いながらモーニングコーヒーを味わうというのが習慣になってます。
その後事務所に戻り、エコレグループとの合同で朝礼兼会議。
木下社長は毎回、新聞や本などで見つけたステキな言葉やストーリーを紹介してくれます。
自分も、ただ報告や目標を皆の前で話すだけではなく、少しでもみんなに参考になる何か。を伝えれたらと、2,3枚のプリントを作って皆に配るようにしています。
下記、3週間前のプリントの一部を日記用に編集したので興味ある人は参考にでもどうぞ。

——————————–
「自ら自分を変えるには。」
生き方や考え方、人格は簡単には変えることができません。

だけど「理想的な自分」を描いて、そこに向けて変わろうとすることはできます。
環境が変われば、人間は急激に変わってしまうこともあります。
企業内では他人の目が気になってやる気を見せることができなかった人も、起業家の世界ではやる気を見せることは全く恥ずかしいことではなかったり。
リーダーや監督、トップが変われば、チームや組織の雰囲気、人間関係、仕事の効率が変わったり。
例えをあげれば身近なところに多々あるかと思います。

夢を大いに語ることができる、むしろそれが当然の世界。
夢を成功させたければ、そんな環境にいることが大切。
事業や夢、目標を成功させたければ、まず自分が起業家になること。

ここで言う、起業家とは、
「いかなる環境や条件の中でも、自らの能力と可能性を最大限に発揮して、道を切り開いていく」
という考えを持って行動できる人の事。
サラリーマンや主婦、学生であっても起業家に当てはまる人は数多くいます。
つまり生き方だと意識してもらえればわかりやすいかな。

まずは変わろうと決意すること。
あとはそれを忘れないように自分をチェックしつづけるということがホンモノの起業家への訓練。
ただ、残念ながら100%の起業家には絶対になれません。なれるはずがありません。
人間である以上、我欲や安楽の欲求がそれを妨げます。
年中、座禅して修行している人ですら欲求があるから死ぬまで修行してるのですから。
もし欲求を100%完全に捨てることができたなら、その状態は宗教でいう「解脱(げだつ)」。
それが不可能だからこそ、永久に起業家は成長を求めて無限の自己改善をしていくというわけ。
80歳になろうが、大企業のトップになろうが。
起業家という生き方をしている人は常に成長・自己改善をしています。
重要なことは、自己改善・自己変革をして取り組んでいこうという姿勢。
この「まだまだだ」と言いながらの努力が、周囲からは「キラリと光って」見えるんですね。
——————————–
さて、数時間後には朝礼が始まります。
社員や仲間、周りの人たちがキラリと光りやすい環境の一部として、一番キラリと光っている経営者になれるように。
今日も一日頑張っていきましょい!