6年前の何気ない会話が今に繋がってる?

学生時代、特に就職活動をしているような時期。
色々と悩み苦しむ人も多いかと思います。
自分も頭でっかちに色々と考えていた時期がありました。
何の為に就職活動してるんだろう。
何の為にサラリーマンにならなきゃならんのだろう。と。
自分のちっぽけな経験じゃ答えがでないので、色々な人に聞いて回ったり、本を読んだりして多くの先輩方の人生の教訓や経験から参考にしようとしたり。
それでも答えなんてみつからないし、気持ちがスカっとするわけでもなく。
そんな中、自分にとってもっとも印象に残った回答があります。
それは小学校からの友人の答え。
6年前の2003年8月23日(土)の夜、チャットでの会話。
忘れないように当時から書いていた日記に記録していた内容。

一部省略
俺@ の発言 :なんの為に生きてるんだろーなんて考えてると訳わからなくなってね。
Hの発言 :まぁ、とりあえず、生きておけw
@ の発言 :そだな
Hの発言 :答えが見つかるよ。そのうちw
Hの発言 :俺は、
Hの発言 :未来のテクノロジーを見る為、

@ の発言 :冷凍保存でもされておけば?
Hの発言 :もっとフェチな世界を見つける為、
@ の発言 :100年後に解凍させてもらえばいいよw

フェチな世界って部分は置いておいて。
今、考えると、6年も前のこの何気ない会話(チャット)
自分にとって凄く大きな影響を与えているんじゃないのだろうか。って思ってます。
友人Hは小学校の頃からパソコンや機械をいじってきた超優秀なプログラマーでもありエンジニアでもあり、オタクでもあり(笑)

だからこそ、未来のテクノロジーを見たい。だなんて答えが出てきたのかもしれませんが、すごく的を得ているというか。

確かに!未来のテクノロジーみたいよ!

って凄く共感した思い出があります。
あれから6年。
ちょっと友人Hのことを小馬鹿にしていた自分が、今では、
2112年の某ネコ型ロボットの誕生日と会社の創業105周年を一緒に祝うんだー
とか言っちゃってる始末。

自分の興味や好奇心を軸に、何の為に生きる。って答えを作ると、シンプルで楽しいのかもね。
人類はエロスに対する好奇心で文明が進化した。と言う人もいるくらいだし(笑)