無職時代に学んだ、現在の仕事への原動力。

20代前半に、詐欺会社とは知らず、新規事業の投資話に心を惑わされ、多額の借金と同時に無職になってしまったことがあります。
新卒で入社した大手通信企業を2ヶ月で辞めて、その詐欺会社の新規事業をあてにして進んでしまったので、本当にバカ者でした。
大学を出たばかりなので、技術も経験も何もありません。普通と言われる(正社員として社会に繋がる)レールに戻ることの難しさを痛感させられました。このときの経験から学んだことは、お金や人の怖さよりも、

人は、社会や他人と共に生きているという実感を持っていないと、孤独で、自信も勇気も湧き上がってこない。社会との繋がりをもってこそ、初めて可能性を感じ、自分の中から強いエネルギーを出す事が出来る。

ということでした。無職になってしまったからこそ感じたのだと思います。
仕事ができること。社会と繋がっている仕事がある。という環境や状況はすごく大切で、次に繋がる意欲や課題を生み出してくれるものだということを自分の体験から学べました。一歩を踏み出せないと、次に繋がる野心や目標も生まれませんし、直すべき自分の課題や欠点も見つけれません。

こんなご時世のためなのか、やる気はあるし、素質は凄くいいのに、就職や転職で苦しんで、無職やフリーター、ニートといった状況のまま、なかなか前に進めないでいる人達が沢山います。
無職、フリーターからどうやって抜け出せばいいのかわからない、受け入れてくれる会社や社会が圧倒的に無い。と悲観的になって落ち込み、孤独になっていた昔の自分を見ているようで、そのような人達の力になれるような仕事にしていきたい!と思い、縁あったIT分野での事業領域で現在は取り組んでいるわけです。

他のIT企業さんは経験者や即戦力の人材を中心に募集しているのですが、それは当たり前の動きです。ただ、そのような会社ばかりだと未経験者や無就職者の人達はいつまでたってもレールから抜け出せないでいます。

だからこそ、一歩を踏み出そうとしている人を積極的に雇用できる環境や仕組みを整えて、正社員として仕事に取り組んでもらい、社会と繋がっていることを理解しながら、仕事を通して自己発揮(自己実現、社会調和)ができる「一歩を踏み出せる人」を増やすという取り組みに意義を持って取り組んでいます。

来た人全員採用というわけにもいかないですし、他にも課題や難しさは沢山あります。一個一個解決させて、着実に成長し、雇用の幅を今よりも、もっともっと広げていかなければいけません。
そんな課題だらけなのですが、過去の無職期間の経験が一つの原動力になっていることは間違いないです。

社会や他人と共に生きているという実感を持つ一歩さえ踏み出すことができれば、気持ちも体も前に進みだす。努力の方向性も見えてくる。

過去の経験から学べたことでもあり、今の仕事の軸にもなっていることです。

$ママチャリで日本一周している経営者の記録
今日のヨメからの一言。