下町のコワーキングスペース。

下町のコワーキングスペース
今日は友人がはじめた下町のコワーキングスペースにお邪魔しました。
地域に根ざした雰囲気で、窓の外から、散歩中のおじいちゃんおばあちゃんが眺めてくる不思議な場所なのですが、多くのプログラマー、フリーランスのエンジニア、独立したての若者が集まる場なので、行く度にいい刺激とエネルギーをもらえます。
今日は日曜日にもかかわらず、結構な人数が集まっており、みんなパソコンの前で仕事をしていて、それぞれの夢や目標、野望に向かって取り組んでいました。

最近、こういったスタイルが流行っているんだね。
そもそも、コワーキングという言葉自体、聞いたことが無いという人もいるかと思いますが、コワーキングとは、

独立して働きつつも価値観を共有する参加者同士のグループ内で社交や懇親が図れる働き方であり、コスト削減や利便性といったメリットだけではなく、才能ある他の分野の人たちと刺激し合い、仕事上での相乗効果が期待できるという面も持つ。

コワーキングが行われる環境(「コワーキングスペース」と呼ばれることもある)はシェアオフィスやレンタルオフィスとは異なり、実務を行う場所が個室ではなく図書館のようなオープンスペースとなっている。また、すべてのスペースを共有したり、イベントを行ったりといった試みを通して参加者同士のコミュニティ育成を重要視する傾向が強いことも大きな違いのひとつである。
一部のコワーキングスペースは、固定した仕事場に留まらないノマド的なIT系起業家が、カフェや小規模/自宅オフィスでの孤立した仕事環境の代わりとなる場所を求める動きと共に発展した。
ウィキペディアより参照

というものです。
意識の高い人達や野望、野心を持った人達、成長意欲の高い人達が集まるので、刺激にもなるし、人脈形成にも繋がります。また、一緒にコラボレーションした仕事も生み出せたりと素晴らしい側面が多いことで、注目を浴びているのだと思います。
孤独になりがちな環境から脱せるので精神的にもいいですよね。
地方でもこういった仕事のスタイルが流行りだしているそうなので、これからますます増えてくるのかな。

立ち上げたばかりの下町のコワーキングスペース。
これからどのような形で発展し、人が集まってくるのか楽しみです。
もしよかったら立ち寄ってあげてください^^

下町のコワーキングスペース
http://www.facebook.com/shitamachicoworking

セーター出しました
今日のヨメからの一言。