未来への大義名分があるからこそ。

ヨメからの一言
昨日、9月3日に創業105周年まであと100年という節目を迎えました。
その日の朝、嫁からの一言は、「良くがんばりました」でした。

夜には社員が集まって、創業記念パーティーで盛り上がり、みんなの笑顔や言葉、温かい拍手に、本当に感謝でいっぱいでした。

2011年の2月から本格的に、未経験者や就職困難者、IT業界にチャレンジしてみたかったけど諦めてしまっていた人達の積極雇用に取り組んできましたが、ここ数ヶ月で、みんなが取り組んできたことの積み重ね、信頼が結果として出てきたように感じています。
昨年に比べて、きっかけやチャンス、研修の制度や仕事に取り組める場も増えてきて、着実に応援できる幅が広がってきていることは間違いないです。過去の取り組みや努力が、未来の結果に結びついていることをみんなの顔を見ていると実感でき、設立当初から持ち続けている、

「未来への大義名分があるからこそ、強く現在(いま)を取り組める」

という言葉を、改めて振り返る一日となりました。

みんなの為にも、もっともっと大きな仕事を生み出せるようになって、収益と還元を増やしていきたいですし、業務的な課題や至らぬ点も一つ一つ潰していかなければいけません。

経営者として、冷静な判断や、社会の動きやニーズ、タイミングを掴めれるようにもならなければならないですし、人としての成長のための勉強もしっかりとおこない、仲間の最初の一歩が、二歩、三歩と大きな前進のきっかけとなれるよう、必ずいい会社に成長させていきたいと思います。

嫁も毎日、厳しい目で、俺をチェックしてくれていますし。
ヨメからの一言
今日の嫁からの一言