妥当?打倒?雇用不安時代

まりこ様
今回の記事のタイトルを微塵も感じさせない写真ですが、新宿で見つけました。どんな仕事をしている人が乗っているんだろう?正社員なのかな?フリーターなのかな?経営者とかかな?学生なのかな?気になる。
さて、とある本の中に、

「雇用不安時代」

と書かれていました。
新卒採用率はどんどん低下し、正社員になれないで就職浪人やフリーター、ニートになってしまう人が増えていきている時代なので、「雇用不安時代」という表現を使ったのだと思います。確かに、雇用の不安から、経済不安、政治不安にも繋がってきますから、この表現は、

妥当?

自分も経験がありますが、フリーターとして仕事をしていると、時給で社員よりもお金を稼げたりはしますが、将来への展望が描けないまま時間が過ぎていくことがあります。周りも似た者同士というか、、、フリーターや無職の人に囲まれる環境になっていくので、会話のレベルや向いている意識も周りと似通ってきます。
だからと言って正社員に戻ろうと思っても、日本の風土なのか環境なのかわかりませんが、一度はずれたレールから戻ろうとすると、とても厳しい現実にぶち当たります。

働く意欲があるのに働けない人が増えれば増えるほど、日本はもっともっと社会問題が増加してくると思います。健常者で何の問題もないのに、働かない。納税しない。安易に生活保護に頼る。では、国が崩壊していく危機感さえあります。

お給料少なくてもいいから、仕事をしていない人は働くこと。
仕事を通してでしか得られない経験と実績を着実に自分のものにすること。
決まった時間に決まった場所にいくという規則正しいリズムを作ること。
仕事をしていく中で、大変なことや苦労をともにする仲間や友人をつくること。

基本だけど、とっても大切な基盤だと思います。
仕事をしなくても生きていける状態というのは、ある意味、不幸だな。って思うことさえあります。仕事を通して、社会と繋がることで、孤独感もなくなりますからね。

自分達の大義名分でもある「創業105周年」を目指すにあたって、雇用を通して、様々な問題をクリアにしていける会社、存在になるべく、現状では、20代、30代のフリーターや未経験者を中心に正社員雇用し、IT業務において経験者になってもらえれるように取り組んでいますが、ゆくゆくは様々な障害を持った方達も支援できる体制が作れたらと思っています。

意識を常にその理想に向けながら、日々の取り組みや、出会う人達との会話、情報収集に取り組んでいきたい。と、同時に、既存社員に対しての福利厚生の充実や待遇面もよくしていき、最初の一歩から次の二歩、三歩へと繋がり、成長していきやすい会社へとなれるようにしたい。

一般的な大手企業からみたら吹いて飛んでしまうような小さな弱小企業の理想だけど、言葉や文字にしておかないと自分の意識も薄れてしまうからね。

頑張らなきゃ。雇用不安時代なんて言われないようにしなきゃ。

縄文時代、平安時代と色んな時代がある中で、「雇用不安時代」なんて、歴史の教科書に出てきたら、現在(いま)を生きる俺らは、恥さらしだしね。妥当って納得してちゃいけないね。

打倒!

「雇用不安時代」