目指せ。勇者。

ドラクエ
10年以上前から、人生はドラクエだ。と意識していたママチャリです。こんにちは。
20歳くらいから思うようになり、今振り返っても、あながち間違ってはいないんじゃないかな。って思っていたりします。

学生時代に夢中になったドラクエ(ドラゴンクエスト)というゲームの話で、主人公は地道にレベルを上げて、次第に強大な敵にも立ち向かえるようになるわけなんですが、スタート時の主人公は、こん棒と布の服といったあまりに軽率な装備でモンスターに戦いを挑みにいくのです。

何度も瀕死な状態を味わい、ちょっとずつ敵の倒し方や逃げ方を学び、より良い武器や防具を手に入れて強くなっていきます。

このゲームの進め方をみれば、その人の経営スタイルや人生の歩み方、価値観がなんとなくわかるのではないかな。って思ってしまったりします。

ものすごく慎重に着実に進んでいく派
大雑把で雑に進んでいく派
最初の町の周辺でひたすらお金を貯めて装備を完璧にして先に進む派
仲間を見つけずに一人で突き進んでいく派
お金をかけずに宝箱や落し物の武器や防具だけで装備を整えて先に進む派
魔法ばかりを使う派
几帳面にアイテムを全部そろえていく派
敵から逃げまくってとりあえず先の村を目指す派 など。

ゲームをされてない方には理解できない不可解な文章で申し訳ないですが、現実社会に置き換えると、

営業力、人脈力などは、攻撃力
財務・経理・事務管理などは、防御力
インターネット活用、ITスキル等、知恵を活用する分野は、魔法力

といった感じでしょうか。
20代の頃の自分を振り返ると 防具や魔法はないがしろに、攻撃力の強化に重点を置いて突き進み、とにかく営業力。と信じて疑わず、攻撃力ばかりに囚われていたように思います。

おかげで、経営者となってからは、自分の防御力、魔法力の弱さに愕然とさせられています。

現実はドラクエと違って感情や気分、ストレス、体調など、さまざまな要因が絡んできます。
人生はドラクエだ。と意識しつつも、そう単純じゃないんだよな。という矛盾した気持ちを持ち合わせながら、自分の弱さと常に戦わないといけないです。

現実社会の方がゲームよりも面白く、スリリングで、充実感があることがわかったので、学生時代に夢中になっていたゲームはもうやらなくなりました。
ただ、ゲームからも学ぶことは今でもあり、最近、思わず「めんどくさぁ~」という言葉が出てしまうことが多かったので、そこはドラクエのように、黙って、ただ黙々と先に進んでいかなきゃいけないな。と反省しています。

ドラクエの主人公が「めんどくさぁ~」なんて言った場面、見たことないですから。
目指せ。勇者です。