1周年。10年前。100年後。

最近、自転車での旅記事が続いていましたが、
久々に日記らしい記録を書こうと思います。

毎日継続して記録を続けれるのが理想なのでしょうが、
無理しない程度にゆるく取り組むつもりです。
創業105年を目指しているので、そのとき(131歳)に見返して、100年前の31歳の時にはこんなことがあったんだなぁ。こんなことを考えていたんだなぁ。と振り返りたいのです。

さて、今から10年前。
大学生の頃ですが、その頃は毎日日記みたいなものを個人ホームページを作って更新していました。
今のようにブログで公開とかはしていなかったので、
本当に一部の友人が見る程度のものでしたが、
ほぼ毎日、記録を残していました。

これを10年間、毎日続けれればよかったのですが、
2007年頃から記録は完全にストップしてしまいました。
もったいないことをしたな。って思います。
昔の自分の文章を読み返すと面白いし、成長がわかるんですよね。
当時は、生意気なことを書いてたり、知ったかぶったようなことを論じてみたり、挑戦的だったり。
粋がっているなぁという箇所が色々と見られてとても面白い。
なにより面白かったのが、未来の夢リストや10年後の自分に向けたメッセージ。

一部だけご紹介。
10年後の俺はどんな気持でこの日記を振り返っているのかな?
おーい!未来の俺。
お前は今何をしてるんだぁ?
つまらん人生を送ってないよな?
人に背を向けるような事をしていないよな?
お金に支配されてるような人生じゃないよな?
成功してるよな?
キレイな嫁さんをもらってるよな?
幸せだよな?
平凡な事してたらゆるさんよ。

何をどうゆるさないのか、昔の自分に聞いてみたいですが、10年前、こんなこと書いていたんだな。ってすごく懐かしい気持ちになりました。
多分、不安だったんだと思います。
当時、期待とやる気はありつつも、実力も経験もない。
当然、先は見えていないですし、自分の行動や取り組み、思いは正しいのかどうかもわかってなかったと思うんです。

自分の未来は自分で創る。

当時から思っていたことですが、自分で創れるからこそ、10年後の自分に対して、ちゃんとしてるよな!10年頑張れよな!という確認の意味で書いたんだと思います。

そもそも、なぜこんな日記を書いているかというと、昨日は仲間の武岡さんの入社1周年だったんです。
武岡佑樹
会社としては、2009年から2年間、休息期間を取っており、1年前の2011年は事業再開、再スタートに向けて取り組みだした頃です。
再スタートのタイミングで、仕事量も待遇面も普通に考えたら厳しい条件だったと思います。
それでも信じて、来てくれたんです。

あれから1年。
彼に出会えていなければ、もう1年、模索期間を延長していたかもしれません。
きっと一人じゃ今の形まで持ってくるのは無理でしたし、生きがいや軸、大切にすべきことの基準みたいなものを以前よりも強く感じるようにもなってきました。
まだまだ全然これからですが、素敵な仲間に出会えて本当によかったと心から感謝しています。

そんな武岡さんに、昨日、
1年後の自分に言いたいことは?
という質問を投げかけました。

そんな会話をしていたことから、ふと昨日の帰り道に自分の昔を振り返ってみようと思い今日はこのような記事になりました。
武岡さんにした1年後の自分に言いたいことは?という質問の内容は1年後にご紹介します。
1年後をお楽しみに。

そして、1年後の俺へ。
「書き忘れないようにね!!」