人生の年収は、20代の働き方でほとんど決まる?

mixiニュースを見ていて、
ふむふむと読んでしまいました。
(以下、記事転載)
——————————–
■23歳(入社)~25歳
この3年間は体を張って職場に尽くす期間です。「若い感性を活かそう!」と自分だけのオリジナリティを発揮しようとするのは大変危険です。なぜなら、この年齢で求められるのはオリジナリティではなく、素直な心とよく体であり、ビジネスパーソンとしての基礎を身に付けることなのです。

■26歳~28歳
4年目からの3年間は、自分のナンバーワンをつくる時期です。基礎がだんだんと身に付いてきたところで、次は1回でも結果を出すことを考えましょう。社内で認められるかどうか、それは、はっきりと目立つ実績が必要です。そうしている内に、自分は何が得意かが分かってきます。

■29歳~30歳
この2年間は外の世界を見る時期です。つまり、会社内だけでなく、業界そのものを見ることが大切になります。取引先とじっくり話をしたり、勉強会に出るなど、会社以外の活動が鍵になります。また、転職をしてみるのもいいでしょう。

■31歳
仕込みの期間は終わりました。しかし、ここまではおそらく個人プレーの世界です。30歳以降に意識しなければいけないのは、組織人としての自分です。そのために31歳の1年間は、マネジメントを学ぶことが重要となります。

仕込みを経て、35歳までに何らかの「手がかり」をつかむことができたら、
ビジネスパーソンとして仕事に困ることはないと土井さんは言います。

22歳で就職し、65歳の定年退職まで43年。
その43年間を決めるのは、実は30歳までの8年間なのです。
そこで基礎を固められるかどうか、が鍵となります。
「若いうちの苦労は買ってでもしろ」という言葉は確かに正しいのかも知れません。
——————————–

なるほど。
自分自身はまさにこれからの30歳。
自分の20代を振り返ると、
23歳~25歳のうちにオリジナリティを出そうとして、
沢山の失敗をしたので、とても納得。

上の人の言うことを素直に聞くようになってから結果が出始めたり、
周りからチャンスがやってくるようになったのを覚えてます。

お金とか貯金とかちんけな事を意識せず、
ただ目の前の事を頑張っていたのは本当によかったと思う。
給料無くてもやります!くらいの事、言ってたもんなー

29歳~30歳は、、100人の社長さんのインタビューで、
外の世界を沢山勉強させてもらってる。
自分でも、学びの期間とわりきっているので、
上記の筋書きには妙に納得しました。

みなさんはどんな20代を過ごしてこられたのでしょう?
20代の人は、どんな20代を過ごそうと思ってるのかな?

20代のうちに基礎を固めてますか~~?
目先のお金に踊らされてると痛い目みまっせー

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」

みんなしないから、してる奴が応援もされるし、大成するんだろうな。
見ている人は見ているしね。
20代に戻ってもっと基礎を固めておけばよかった。。。
と後悔しないように。。