ママチャリで四国八十八か所(準備しておきたいもの)

その1 白衣

●白衣(びゃくえ・はくえ)
ママチャリで旅をするにしても、格好は意識したほうがいい。
職務質問されるか、応援されるか。大きな違いになる(と思う)
白衣

その2 菅笠(すげがさ)

●菅笠(すげがさ)
思わず雰囲気で購入。
かぶって走ろうとするも、風の抵抗で邪魔だということに気づき、すぐに後悔。
しかし、後ろの荷台にくくりつけておくと、荷物の雨除けになり、さらに、お遍路している人。と一目でわかり、応援の声もかけてもらいやすくなる(と思う)ので、結果的におすすめ。雰囲気大事!
(余談)東京都内に戻った際、この菅笠を荷台につけているだけで、旅人感(雰囲気)が出るので、都会の中でも自信をもって走れました。
菅笠(すげがさ)

その3 納札(おさめふだ・のうさつ)

●納札(おさめふだ・のうさつ)
各札所の納札箱に納めるもの。
住所と氏名を記入するが、詳しく書かなくてもいいらしいです。
購入できる札所も沢山あるが、最初にまとめて購入しておけば困らない。
購入した際、接待(支援や親切)を受けたときにもこの納札を渡したりするんだよ。と教えてもらいました。
なお、札の色には白以外にも緑や赤、金色などもあり、巡礼回数によって変わってくるそうです。
50回~99回の巡礼は、金色の札で、100回以上の巡礼は、錦札となったりするそうです。
100回以上、八十八か所を回る人もいるということなので、凄すぎます。。。
納札
納札

その4 納経帳

●納経帳(御朱印帳)
各札所でご朱印を頂く際に提出します。
昔の人が考えた現代版のスタンプラリーのようなものです。
集めだすとコンプリートしたくなります。
御朱印帳はどこで購入してもいいと思います。
自分の場合は、四国の各県ごとに1冊づつ準備して、4冊集める予定。
納経帳

走っている人(プロフィール)

ママチャリで日本一周している経営者
2007年から毎年分割でママチャリで日本一周を目指しています。ほぼ一周を終えつつ、ゴール目前で、寄り道企画(四国八十八ヶ所編)を2017年から開始。人に「場を与え、繋げ、拡げる」を基本軸に、法人複数社の経営と一般社団法人の理事として活動中。