四国37番札所から宿泊先(あしずりユースホステル)へ

あしずりユースホステル

到着:2018年9月16日(日)18:30頃
経路:37番札所 岩本寺 → あしずりユースホステル
距離:約86km(ママチャリ:約8時間20分)(休憩時間等含む)

寄り道企画「四国88ヵ所:チャリお遍路編」の概要

2007年から毎年分割で、ママチリで日本一周を目指して走っています。ゴールまで残り25㎞を残し、2017年から4年間かけて四国88カ所を巡る「日本一周・寄り道企画」を開始。

四国37番札所から宿泊先(あしずりユースホステル)へ!

37番札所から38番札所へは90km近くの距離があり、到着する頃には日が沈んでいると思われたので、なるべく38番札所の近くの宿まで向かい、翌日の朝に38番札所へ向かう計画をたてました。
足摺岬の方へ向かうべく、56号線を南下していき、20号線へと合流。
四万十大橋を渡り、321号線をひたすら進み、西側の27号線(反時計回り)で足摺岬を目指すコース。
途中、ローソン土佐清水旭町店の前で休憩がてら宿泊のアポイント電話。
全然、宿が確保できず、全滅かと焦っていたところ、ようやく12.5km先のユースホステルが取れました。
38番札所へのアクセスも数百メートルといった近さなのでよかったですが、施設は古く、なかなかのものです。
巨大なクモが部屋に巣を張ってたり。
壁には蚊を退治したあとが至る所に。といった具合でした。
ちなみに、あれだけ宿の確保に苦労したのに、ここ、あしずりユースホステルの宿泊客は、自分だけ。
ガラガラでした。。ななな、なんでだろう?
素泊まり4100円なので安く、オーナーのご夫婦もいい味だしてるんですけどね。
ここまでの移動中、一番の思い出は、道の駅なぶら土佐佐賀でお昼に食べた、藁焼きカツオタタキ。
もうね。これまでの人生で食べたカツオのタタキの概念をひっくり返すくらい美味しかったです。
疲れもあって余計に美味しく感じたのかもしれませんが、、、、本当においしかったです。

ポイント

・あしずりユースホステルに、キレイさを求めてはいけません。
・あしずりユースホステルの、近くにコンビニとかもないので、事前に食料を調達しておきましょう。
・あしずりユースホステルは、38番札所にとても近い!
・あしずりユースホステルには、ガレージがあります。ママチャリ保管可。

写真

藁焼きカツオタタキ

道の駅なぶら土佐佐賀

看板

古津賀

道

20号線

四万十川

四万十川

道

看板

321号線

27号

27号

ポイ捨て

海沿いママチャリ

トンネル内

晩御飯

あしずりユースホステル

あしずりユースホステル

あしずりユースホステル

あしずりユースホステル

あしずりユースホステル

関連記事

  1. 01番札所 霊山寺(りょうぜんじ)

    四国01番札所 霊山寺(りょうぜんじ)

  2. 10番札所 切幡寺(きりはたじ)

    四国10番札所 切幡寺(きりはたじ)

  3. 四国16番札所 観音寺(かんのんじ)

    四国16番札所 観音寺(かんのんじ)

  4. 24番札所 最御崎寺(ほつみさきじ)

    四国24番札所 最御崎寺(ほつみさきじ)

  5. 15番札所 国分寺(こくぶんじ)

    四国15番札所 国分寺(こくぶんじ)

  6. 8番札所 熊谷寺(くまだにじ)

    四国08番札所 熊谷寺(くまだにじ)

Profile

profile
ママチャリで日本一周している経営者
人に「場を与え、繋げ、拡げる」という基本理念を軸に、雇用推進、IT人材育成事業など、3つ会社の代表と、一般社団法人(小規模の企業主導型保育施設)の理事として活動中。
2007年から毎年分割で、日本一周を目指し残り25㎞程。2017年から「寄り道企画」として、チャリお遍路(四国88ヵ所)を開始。2020年9月には、チャリお遍路を終えて日本一周のゴールをする予定。
>>>プロフィール詳細