サトウキビから黒糖を作る。(煮詰めて固めて出来上がり。編)

サトウキビから黒糖作りの続き。
サトウキビから搾り出した汁に水酸化カルシウム?を加えながらPHを調整していきます。
PH7.5~8.0だったかな。たしか。
それ位の数値になったらひたすら火にかけて、混ぜます。
夜中2時頃まで3~4時間近く。ひたすら。
最初はグリーンだった液体が、だんだんと黒っぽくなります。
そして、あるタイミングで急にボォワワッワワワって吹き出します。
こんな擬音で伝わるとは思いませんが、ボワワワワって感じです。
そしてどろどろの飴状になります。
それをプレートに落として冷やせば、黒糖のできあがり♪
サトウキビから黒糖
PHを測りながら。
色を見て、感覚で測定できてくる度:★★★☆☆
サトウキビから黒糖
青汁っぽい色と感触:★★★☆☆
サトウキビから黒糖
まぜまぜしているうちに黒っぽくなる度:★★★★☆
サトウキビから黒糖
モンゴルの大地にいた馬のそばで見たことあるような
ドロドロの飴状度:★★★★☆
サトウキビから黒糖
結構はやく冷えて固まる度:★★★★☆
なかなか普段の生活では出来ない経験。いい体験ができました。